今日も大忙しの文雅堂!高くなるものとは?その1。

いやあ今日も忙しいです(3日)!日曜日なのに珍しく朝からお客さんひっきりなし!大変ありがたいです😊


年配の方から学生さん、親子連れの方々など、本日は年齢幅も広い感じでした。ちなみに本日、名店街は半分以上のお店が閉まっています。

最近は土日お休みの店が増えたようです。

うーむそれにしても最近買取が無い・・。店舗での古書買取はちょくちょくあるのですが、出張買取が全くと言っていいほど少ないです。寒さのせいなのか・・気になるところです。

まあ多い時は多いし、ない時は全くないのが文雅堂の通例。なのであまり気にしてもしょうがないのですが。

せっかくなので最近はどういった本や物が高くなりやすいのか?を主観たっぷりに書いてみたいと思います!

まず始めに、「歴史的価値の高い希少性のある物。」

これでは抽象的過ぎますね。これらは本というものよりも資料or史料といった方がいいかもしれません。古文書の類ですね。

ただ古文書といっても色んな形態のものがあり、その数は無数。手っ取り早くどういった物が高いのか・・?

簡単に言えば、有名人物が関係しているものほど、値段が高くなる可能性が高いです。当たり前の様なことかもしれませんが、これは重要です。

古文書に書いてある人物や事物が有名な物であればあるほど、ものも高い。これは他の資料にも言えることです。

文雅堂にもごく稀に書状など入ってきますが、ほとんどは一般的といいますか、庶民が書いたものばかりです。もちろんこれはこれで貴重な資料とはなりますが、値段的にはずいぶん違う感じです。というか桁が一つも二つも変わってきますね。

ちなみに古民家の襖を破いてみたら貴重な古文書が貼りつけてあった!なんてこともあるみたいです。古くに建てたご実家などがありましたら、探してみると何か出てくるかも?!

何かご実家などから古い何か変わったものが出てきた!ということがありましたら連絡いただけたら嬉しいです☻

そして書いてる途中に買取がありました!綺麗な文庫20数冊📚

これから大分暖かくなるみたいだし、色んな買取があることを期待していきたいです。

長くなってしまったのでまた今度、高ジャンルの物を書いていきたいと思います!

春に向かって買取絶賛募集!高尾文雅堂書店は☎042-665-3944まで!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です