出張買取、大月市より帰還。値段の付かない本の特徴📚📚

先ほど、出張買取より帰還しました!今回は久々の山梨県、大月市へ。久々に山梨方面に行きましたが、野山が美しく、田舎者の血が騒ぎました🗻自然最高!!

 

今回の買取、中々に本の量はあったのですが、買取値段は全部で2000円・・・。お客様も少し戸惑っていました💧

 

実は持ってきたものでも、値段が全くつかないものが半分以上。付かないものでも持って行って欲しいとのことで持っては来たのですがかなりの量、廃棄です。

 

値段の付かない物の例としてまずやはり売れないジャンル、というものがあります。今回の買取ですと古い国文学、文学、法律、経済関係等々。これらの物は中途半端に古い物は大部分値段が付かず、廃棄扱いになっています。

 

後は状態。拭いて落ちる汚れなら良いのですが、年数経過のためのヤケシミはおちないので、価値はかなり下がってしまいます。傷みの激しい物も同様、今は本のカバー、箱などが付いてないと厳しいです。

 

あとはこれは個人的なやり方なのですが、ブックオフの値札が貼ってあるもの。特に100円(108円)の札が貼ってあるものは売れそうなものでも当店ではどんなに高そうなものでも格安で買っています。高いものはまずありませんが・・。古いタイプのブックオフのシールは非常にはがれにくく、カバーが傷んだり、非常に手間がかかるので、苦手です。

 

今回は残念ながら値段の付かないものが多かったですが、もちろん買えるものは値段をしっかりつけております。物によっては高値に化けるものもありますので、まずは呼んでもらえるとありがたく思います!

高尾文雅堂書店 Tel&Fax:042-665-3944  takaobungado@yahoo.co.jp
info@takao-bungado.com  bungadott0217@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です