マルクス余剰価値学説史。未だに売れる名著。

おはようございます!今日も高尾は真夏日☀非常に暑いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、昨日の出張買取で買ってきた本のなかに、マルクスの本が入っていました。当店では古い経済書などは大抵は廃棄になってしまうのですが、何故かこのマルクス関係の本だけはいまだにお客様から問い合わせがあったります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よく来ていただく経済学の先生に、このマルクスの思想はまだ通用するのですか?と聞いて見たのですが、答えは「ほぼ通用しない」でした。ただ、1回は読むべきだともおっしゃっていました。

こういった今では使えないとされている古典の名著でも、いまだに必要とされているものがあります。それが当店の様な古本屋がやっていける理由なのだと思います。今の学生さん達は見向きもしませんが(笑)。

 

ですがやはり本当の名著というものはこれからも読み継がれていくものと信じていきたいです。もはや廃棄するしかないとような本でも、やはり何とか売っていけないかと日々、考えております!

紙の本などはこれからどうなるか分かりませんが、必要とされている限り、頑張っていきたいと思いますので、これからも高尾文雅堂書店をよろしくお願いします!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です