文学棚、終わるべきか継続か。

おはようございます!GW2日目、皆様いかがお過ごしでしょうか。本日の高尾はやや人少なめな印象を受けます。皆、お出かけ中なんでしょうね!僕も朝、少し子供の相手をしてからお店に出てきました。

今日は朝から絶好調!やる気十分です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、整理も少しづつ進んでは来ておりますが、今悩み中なのが文学の棚。文学辞めて他のジャンルにするか、そあえて継続するかで悩んでおります。

 

文学を置かない書店など昔では考えられなかったと思いますが、はっきり言って現在ではかなりお荷物になってきてます・・。買い取りではしょっちゅう入って来るジャンルの一つなのですが、ほとんど売れなくなってきており、市場でも捨て値のものが多いです。

 

もちろん希少本などはまだまだ需要はありますが、他多数、厳しいです。当店の置き方もかなり見辛く、そのせいもあるのでしょうが、それにしても売れないですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

文学物も毎年、かなりの数が出版されているようですが、これからどうなっていくのか。消えていくものなのか・・考えさせられるところですが、あまり売れないものを置いといてもしょうがないのであと少し置いてみて、それでもだめなら他のジャンルに変えていこうと思います!

たった今も5月の出張買取、入ってきました!波に乗っていきたいところ、張り切ってまいります!

 

高尾文雅堂書店 Tel:042-665-3944 買取随時募集中です!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です